よく使うゴルフの新ルールまとめ

2019年1月1日、R&A(全英ゴルフ協会)とUSGA(全米ゴルフ協会)によりゴルフ規則が大幅に変更。
JGA(日本ゴルフ協会)もそれに準じて日本国内のプレーについても新たなルールが適用される。

今回のルール改正はプレー時間の短縮やゴルフの普及を目的とし、従来のルールよりも緩和された点がいくつかあります。
プレーをするにあたって、よく使うゴルフの新ルールで知っておきたい改正点をまとめました。
新旧ゴルフルール比較でみると使える改善点が多くありますよ。

救済の関係すること

救済の申告
旧 マーカーに告げなければならない
新 誰にも告げなくても良い。(自己申告OK)

ドロップ方法
旧 肩の高さから
新 膝の高さ

救済エリアの計測クラブ
旧 ラウンドで持ち込んで入るクラブの中ならOK
新 持ち込んでいるクラブでOKだがパター以外

バンカー内アンプレヤブル
旧 アンプレヤブル宣言しバンカー内から
  1打罰でドロップ
新 アンプレヤブル宣言し、球とホールを結ぶ
  線上で、バンカー外の後方に基点を決め、
  そこから1クラブレングス以内で
  ホールに近づかない救済エリアに
  2打罰で球をドロップ

バンカー内のルースインペディメント(小石など)
旧 取り除けない
新 動かせる。クラブや手でバンカーに触れてもOK

グリーンの修復
旧 ボールマークのみ修復可能
新 損傷個所すべてOK

地面に食い込んだボール
旧 フェアウェイは無罰で救済
新 ジェネラルエリア(旧:スルーザグリーン)
  であれば無罰の救済が受けられる

2度打ち
旧 1打罰
新 偶然の場合は罰なし

自打球(キャディー・バック含む)
旧 1打罰
新 偶然の場合は罰なし

ボールを動かしたとき
旧 1打罰
新 原則は1打罰
  但し、捜索中に偶然動いてしまうなど
  偶然なら罰なし

プレー時間に関すること

ストロークの時間
旧 制限ない
新 40秒以内

2打目以降の打順
旧 ホールから遠いボールの人からプレー
新 安全が確保できれば準備できた人から

ボールの捜索時間
旧 5分以内
新 3分以内

カップの旗竿
旧 グリーン上のボールを打って旗竿にあたると
  2打罰
新 旗竿は抜かなくてもOK

まとめ

今回ラウンドでよく使用するルールだけをまとめてみましたが、先日もまだまだ戸惑っている
ゴルファーを目にしました。
全部を覚えることは中々難しいですが、簡潔に使用項目だけを覚えておくと役に立ちます。

日本に限らずアメリカでもまだゴルフの新ルール適用で試合が多々止まったりしていますが
これも徐々になくなってくると思います。

いずれにしてもアマチュアゴルファー、遊びのゴルファーなら楽しむことが一番なので
新ルールを多少覚えて大いにゴルフライフを楽しんでいきましょう。

アナタのゴルフの悩みを質問してみてください