94%のパーオン率で松山英樹が3位タイでフィニッシュ

米国カリフォルニア州のトリーパインズGCで行われたファーマーズ・インシュランス・オープンで松山英樹が3位タイの成績で大会を終えた。

久しぶりの強い松山英樹を見ることが出来たのは大きな喜びだ。
最終18番・パー5のセカンドショットは圧巻で、ティショットこそ右のバンカーに外したが、そこから打ったセカンドを約5.5mの位置につけて周囲を圧倒。イーグル奪取とはならなかったが、このプレーで最終日のパーオン率90%超えを達成した。バーディで締め、トータル16アンダーで3位となった。

予選は2位タイに浮上しており調子は良さそうに見えたが、3日目はティショットの不調で6位タイに後退。首位のジャスティン・ローズから引き離されたが、調子は上向きの様で今シーズンは優勝に絡んでくる予感がする。

女子テニスでは大坂なおみがメジャー2勝し話題が持ちきりだが、ゴルフでは松山英樹が一番メジャーで優勝に近いので今年は是非優勝して欲しいものだ。

松山英樹がこの試合で使用したドライバーはコチラ
キャロウェイ(Callaway) ドライバー EPIC FLASH ドライバー カーボン メンズ 4A871507E300 右 ロフト角:10.5度 番手:W#1 フレックス:S

アナタのゴルフの悩みを質問してみてください