自宅で出来るゴルフスイング練習方法

ゴルフ上級者への近道としては、スクールやインストラクターにレッスンを受けたり、上級者に教えてもらうことが最短だと思います。しかし、決まった時間に習いに行くのは社会人にとっては至難の業です。
上司から誘われたラウンド前や、暇なときに打ちっぱなし練習場へ行く程度のアマチュアゴルファーがほとんどではないでしょうか?

では1週間に1度の打ちっぱなし練習場で練習したくらいで本当に上手になるのでしょうか?
打ちっぱなし練習場でゴルフボールを打つだけが練習なの? 他に練習方法はないの?
自宅で気楽に出来る練習方法はないのでしょうか?

自宅で気楽にできる、ゴルフスイングの練習方法をご紹介します。

その1 素振り

ゴルフスイングの練習方法で一番良いのは素振りです。
素振りが効果的なのは、あなたのスイングを筋肉に覚えさせることができるのが最大の効果です。

しかし継続するのが難しいと思っていませんか?
スイング練習と言っても毎日100回、200回しなくても大丈夫です。回数は少なくてもいいので、リズムよくしっかりと振る事が大切です。部分的な動きにこだわらずに気持ち良く振ることを心がけてください。実際に球を打つ(うまく打てる)イメージを膨らませながらすると効果的なゴルフ練習になります。

昔から「素振りシングル」といわれています。打ちっぱなし練習場まで足を運ぶこともないですし、効果が一番いいので早速初めてみましょう

その2 パター練習

定期的に打ちっぱなし練習場へは足を運ぶ方も、パターの練習はおろそかになりがちです。
地味な練習なので、ゴルフ場の練習グリーンでちょこっと練習する位の人は多いと思う。

ラウンドで一番使用するクラブを考えたことありますか?
それはパターです。
30回以上は絶対に使うクラブなのに練習場ではドライバーばっかり練習していませんか?良く考えてください。ドライバーは14回以上は使わないんですよ。なのにどんだけ練習するんですか?
260ヤードも1打、パターの10センチも1打なのでパター練習をしている人ほど上級者になれる近道です。

自宅でパターマットを買うのもいいですが、無ければじゅうたんの上でも十分に効果的な練習になります。
自分で決めた目標に真っすぐ打てているかをチェックしてください。
地味な練習ですが、頑張ってください。

「Drive for show, putt for dough(ドライバーは見せるため、パットはお金のため)」

その3 イメージトレーニング

アメリカの大学で行われた実験ですが、バスケット経験のない学生を3つのグループに分けて実験しました。

Aグループは1日1時間のフリースローの練習
Bグループは何もしない
Cグループはフリースローの練習はせず成功したいイメージを描いてもらうイメージトレーニング

2週間後の結果はAグループ41% Bグループ進歩なし Cグループ40%の変化があったそうです。

アメリカのPGCで活躍しているジェイソンデイは、ショットの前に目を閉じてイメージを膨らませてからでないとアドレスに入りません。こうすることでショットが改善されるのだそうです。
イメージトレーニングを膨らませるためにも、アプリやPS4のゴルフをしてみるのも悪くないかも。

アナタのゴルフの悩みを質問してみてください